テーマ:DESTINY感想

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディションII それぞれの剣 前・後編

アスラン視点だよね?なスペシャルエディション第二弾。 冒頭カガリ拉致からスタート。 フリーダムの羽とかからでる変な青い粉みたいなのは人が吸い込んでも大丈夫なんですか(笑)? 分かっているのに黙っているのはダメというのは前作のクルーゼの台詞と重なってくるところですが、分かったつもりになって何かをしてもダメでしょう。 もちろんじ…
トラックバック:41
コメント:5

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY スペシャルエディション 砕かれた世界 前・後編

Resultにもちゃんと意味があるんだって気づいたスペシャルエディション第一弾。 サブタイトル…砕かれた世界。 本編で象徴的だったものは砕かれたユニウスセブン。しかしどう考えても「ユニウスセブン」は「世界」ではない。 砕かれた世界、それは不安定で妙とも言うべきバランスの上に成り立っていた世界の均衡が崩れた事を意味しているの…
トラックバック:52
コメント:11

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第50話『最後の力』

人々は繰り返す。 ただそれだけのことだ。 だから人々は戦い続けている。 機動戦士ガンダムSEED新シリーズ、2006年10月7日放映開始! ってなってくれw 是非来年も頼むよwww というわけで最後の感想です。 絶対愚痴りません。 絶対愚痴りませんから。 絶対に。 絶対に愚痴りませんってば。 愚痴りとは違う…
トラックバック:285
コメント:48

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第49話「レイ」

最終決戦の名の下に。 ここにきて新規録音されたと思われるBGMもバシバシかかって良い感じです^^ 遅いってのw 冒頭マリューの台詞。やるしかない。 この台詞のように、各キャラクターは皆今話に至って、「もはやこれしかない」、という思考に至っていますね。換言すれば「覚悟」でしょうか。 物語的にしっかりバッグボーンがあってそ…
トラックバック:193
コメント:5

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第48話「新世界へ」

守りたい世界、 人々の未来。 そういえば先週触れるの忘れていましたが、ちょうど今週のアバンでぶり返されたので触れたいと思います。 実はデスティニープランは「防衛策」だっていう所に引っかかっていたんです。 防衛とはすなわち「守る」こと。 SEEDシリーズではこの「守る」という言葉がキーワードの1つとなっており、それは前作…
トラックバック:263
コメント:36

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第46話「真実の歌」

そこにいるラクス、事実としてのラクス、役割としてのラクス、ミーア・キャンベルのラクス、大衆のラクス。 では今週こそしっかりレビューするぞw 全体的に大丈夫だよ、を連発するキラがいったい何なのかよく分からなくなりました。 「(僕たちが死んだらSEED人気が落ちるから)大丈夫だよ(死ぬわけないじゃん)」ってこと? アスラ…
トラックバック:199
コメント:34

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第45話「変革の序曲」

今回のタイトルは「変革の序曲」 ルナマリアがレクイエム本体に侵入して破壊をしているその様子はまさに前作のジェネシス破壊を彷彿とさせる光景でした。 しかし、今回のそれはまだ「序曲」に過ぎないのだというわけですね。 OP一部変わってましたね。 ムウの兄貴好きとしては嬉しい限りです。 メイリンは頼むから髪下ろしててくれw …
トラックバック:96
コメント:15

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第44話「二人のラクス」

SEED&DESTINYを通じて様々語られるテーマはもちろんそれぞれ考えさせられるものですが、結局、『自分とは何なのか』、というところに収斂するのではないかと考えた今週でした。 予告を見るに、ミーアはバカンスですかね(笑 プラントが破壊されているこの状況ではナシだと思うのですが、まぁそれは置いておいて。ラクスを演じる事に自らの役…
トラックバック:45
コメント:2

続きを読むread more

機動戦士ガンダムSEED DESTINY 第43話「反撃の声」

デュランダルはかつてこう言っていました。 「名はその存在を示すもの、そして名が偽りならその存在も偽りになるのか?」と。 そして彼はこう考えています。 「人々はその本来の力、役割を知らず、環境や世界に翻弄され、本当の自分を存分に発揮する事ができていない。人々はその本来の役割に殉じ、自分のできるだけのことをして、満ち足りて生きるの…
トラックバック:28
コメント:0

続きを読むread more